BLOG


(画像はお借りしています)

私たちの身体のすべての細胞は電気を帯びていると知っていましたか?生き物すべての細胞には膜電位と呼ばれる電気を帯びる膜の層で囲まれています。

つまり、人間には磁気が流れていて、私たちも電磁波を出しているということに!

一番磁気を帯びている臓器は、心臓と脳。

でも、足先の先端の細胞も電気を帯びているのです。

(画像はお借りしています)


こんなふうに電気を帯びている膜電位。

健康な人の平均は-70~-90mvです。

ちなみに植物の例では、

オジギソウ。

葉っぱを触ると、閉じますね。この【閉じる】という働きは膜電位の電気の変化によって起こる作用で、ゾウリムシの絨毛の打つ方向も膜電位の変化によるものです。


こんなふうに単細胞にも存在する膜電位。もちろん、生きるものすべてに細胞があれば、膜電位もあるのです。

なぜ、膜電位の話?

健康な人の膜電位の値がー70~ー90mv。

それがガン患者さんになると、なんとー20mvなんです。

この違い、大変大きいです。

細胞そのものの中に不純物や障害物が入り込み、健康な細胞としての役目を果たせなくなるからです。

じゃ、どうやったら、この細胞の不純物を取り除いたり、細胞を強化させるのか?

それは、酸素供給量を増やし、血行や氣の流れを良くすることが大事です。

栄養のバランスや十分な休養や、身体を動かすことも大切です。

そういった意味で、太極拳や穏やかなヨガ、そして気功を練習することは理に適っているということでしょう。

実際に気功する前と後の細胞写真を見たことがありますが、全然違いました!

子供に勉強をさせて、コツコツと努力すればよい学校に入れるのと同じで、人間の身体も少しずつ良いことを習慣化して行えば、健康を保つことが可能です。

上記の図のー70mvを目指しましょう!


こちらがウェルネス・メディカル気功のマスター(師)たちです。創始者のタン博士大師を始め、コニー師と続き、マスターが他4名、Sifuと呼ばれる準師たちが10名います。


そのうちで、まず3名(ガーベラの花が付いている師たち)が西洋医学の医者たちです。このように、ワークショップの中で医者の参加者がいるのも、そしてマスターたちの中に医者が3名いるのも、ウェルネス・メディカル気功の特徴です。


特に5名のマスターたちの中の医師、Dr.ガネサンは、私の尊敬するスワミ・ラーマが設立したインド・ヒマラヤインスティチュート総合病院の【魔法科】と呼ばれる医科のトップを務めます。笑

【魔法科】とは、医者たちが匙を投げた患者たちを診て、最善の方法で治療する科として、この病院では知られているそうです。

こちらがそのヒマラヤ・インスティチュート病院の一部です。

上の2冊の本は、日本のアマゾンで買ったスワミ・ラーマの本でした。そのスワミ・ラーマの設立した病院で、ウェルネス・メディカル気功のマスターが働いていると知って、本当に光栄に思いました。

このように、医者たちも信頼する気功法です。

私たちの心身に悪いはずがありません。素晴らしい効果があるのは、自己治癒(セルフ・ヒーリング)でも、他人にヒーリングするのでも同じです。

皆さん、こんばんは。ウェルネス・メディカル気功のローズです。

今日は手短に患者さんから、2件の気功施術の感想のリンクを貼らせていただきます。


どちらもクアラルンプールにお住まいのブロガーさんたちが、抜き打ち(?)で本名で施術を受けに来てくれた時のものです。

もちろん、遠隔でも施術を受け付けています。結果は、対面でも遠隔でも、一緒です。


1度、施術を受けてみたいとおっしゃる方は、

上記のリンクを参照してください。


また、自分の病気や不調は自分で治せるようにしたいと思う方のために、9月14~16日に東京で特別3日間のワークショップが開催されます。まだ若干(5名程度)の空きがございますので、気になる方は、この機会にぜひ参加されて元気になりましょう~!


今回も、オーストラリア、フランス、日本、マレーシアと国籍がさまざまな生徒さんたちが20名集まってのワークショップでした。グループが小さいと、アットホームな感じで、まとまりがあるのが好きです。

いつものように2日間とも午前中は講義です。これも、皆さん、耳をダンボにして熱心に。意外と貴重な知識や、そして化学的物証を見たり出来るので興味津々になる理由です。

そして、初日の午前中の休憩時間には、

タン大師の71歳と5日の誕生日を祝いました!

彼とコニー師(と家族)は、スイスのバーゼルでお誕生日を祝って来たと思いますが、アシスタントのひとりの提案で私たちも簡単なお祝いを☆

甘い物を召し上がらないタン大師が美味しそうにパクパク!私が作った抹茶ロールケーキだったので、とても嬉しかったです。


みんな和気あいあいとケーキタイム。


ここから、気功15ステップの最初の9ステップを習い、そこから近くの中華屋さんへみんなでランチです。

ここマレーシアのプチョントレーニングセンターでワークショップが行われる時には、ランチが両日付いているんですよ。これが楽しいひとときでもあって…

たっぷりと食べるとお腹いっぱいで、午後からは眠くなるのですが…

午後からは、最初にこうやって呼吸法の練習を3種類。10分ずつ30分してから、瞑想に入ります。

これで、ゆっくりと頭も胃も休めてから、午後はまた動功(気功15ステップ)を復習して1日目は終了です。

合間には、午前中は自分たちが持っている先天性の氣(オーラ)をまず最初に測り、午後からまたどれだけ増えた(後天性の氣)かを測ります。

みんな大幅にアップ!

グループによって、氣の大きさが違います。今回は平均値グループでした。

過去2回は、全体的に平均値が上回っていたグループですが、それは先天性の氣なので心配は要らないのです。気功や呼吸法などで氣はいくらでも大きくすることが出来るので、大丈夫!これから、どれだけ氣を大きく出来るかが問題です。

みんなワクワクしながら、1日目は解散!

2日目の朝は、皆さん、良いお顔!キラキラ輝いていて、眼力も素晴らしい!聞けば、よく眠れた人多し。頭痛や眠気のある人たちも、今回は3人いらっしゃいましたが、だんだんと良くなっていったらしいです。

2日目は、講義の後に15ステップの最後の6ステップを習い、ランチへ。


午後は、前日と同じように呼吸法と瞑想、そして通しで15ステップを練習して行きます。

終了したら、大団円になって、グループの氣の力を利用して最後にブロックされている身体の部分に氣をひとりひとり流します。


最後にひとりひとり、これをやって終了します。片足あげたりね~!

今回も、本当に楽しいワークショップでした。名残惜しい感じで終了後もしばしおしゃべりです。

今回はリピーターさんもいらっしゃったので、彼女は理解が深まったそうで、参加してよかった!と言っていました。そうです、1回めよりも2回めの方がさらに学びは深いのです。

この基礎コースから6月末のセルフヒーリングのクラスに参加する日本人たちは4名。

このセルフヒーリングを取らないと、その上のTeachers Trainingに進めません。すでに前回のクラスから8月のTT1コースに参加する人がいるので、上級コースは、今までのクラスがミックスされる予定です。

これから日本人のメディカル気功師が誕生するかと思うと、ワクワクします!私は、まだまだテキストブックを翻訳する仕事があるので、そちらをもっと頑張らないといけませんね。

気功は治療するのも好きですが、教える手伝いをするのも楽しいです。

右は日本で友だちにもらったMCT(中鎖脂肪酸100%)とギーが入ったオイルです。左が今日作ったギー。

せっかくいただいたMCTオイルとギーのブレンド。健康のために、使ってみようと思います。

ギーはインドでは広く使われているグラスフェッドバターから出来た、バターを30分ぐらい加熱したものを濾してクリアにして使います。

料理のオイル、バターの代用品など、お菓子作りにも使えます。

ギーの効能は、とにかく素晴らしくて、


① 脂肪燃焼効果

中鎖脂肪酸のギーには、

    = コレステロールがつきにくい

    = エネルギー代謝を活発にする

    = 肥満の原因である中性脂肪がつきにくい

    = 蓄積している中性脂肪を減らす作用

があるのです。


② 美肌・美白作用

    = 抗酸化作用が強いギーは、カロテンやビタミンA、ビタミンEが豊富。

    = ギーは直接肌に塗ると、皮膚の奥まで成分が届きやすい美肌効果のあるオイル   

      どんな肌のタイプにも使えるオールマイティさ。


③ 腸内環境を整えて、免疫力をアップ

酪酸を多く含むギーには、

    = 腸内を弱酸性の環境にすることで悪玉菌の増殖を抑制する

    = 大腸の粘膜を刺激してぜん動運動を促進させ、便通を改善。


④ 抗アレルギー作用

ギーに含まれる共役リノール酸には、

    = アレルギー症状の原因となる物質の生成を抑える

    = アレルギー反応そのものを抑える


⑤ 他、目や脳の活性化


などの働きがあるギーは、どんなタイプの身体(東洋医学で言うと、どんな証)、どの人にも使える利点があります。

市販のギーを使っても、ホームメイドしても!

マレーシアにはオーガニックのグラスフェッドバターがスーパーで買えるので、それを使いました。

作り方は、こちらを参照してください。

出来上がったギーは容器に入れたら、直射日光の当たらない涼しい場所に置いて3~6ヶ月保管できるそうです。

これをバターコーヒーや紅茶に入れて飲めば、パーフェクト!


さて、我が家は夫婦で今、デトックスしています。夫は家ではパンを食べないことを1ヶ月半続けています。私は、砂糖です。他にも5種類の食品を控えているのですが、体重が4KG減りました。それも1ヶ月でです。なるべく間食をせずに、腹八分目で。


そして後は気功、呼吸法、そして瞑想です。これは、毎日欠かさずにしたいので、とにかく時間を割いてやります。気功は80分ぐらい(時間がなかったら50分)、呼吸法30分、瞑想は、出来たら30分x2回を目指しています。出来なかったら、最低30分を1日1回。夫はもっと少ない時間ですが、それでも1時間半近くするでしょう。中年の域に達すると、自分の中で何が一番大切かが分かって来るかと思います。それは人によってさまざま…違ってよいのです。私は気功師であるので、自分の患者さんのためにも、いつも気の切磋琢磨です。

3月の中旬に、ウェルネス・メディカル気功セルフヒーリングコースのワークショップが2日間に渡ってありました。この時は日本人生徒10名、他の生徒たち16名の大きなクラスでした。

前回の基礎コースと、セルフヒーリングコースで習う4方法(気功、呼吸法、瞑想、サウンドヒーリング気功)で、病気や症状に合わせて、4方法を組み合わせて自分自身を癒やすことを学びます。

症状に合わせて、ある特定の気功の動作や他の3種類の方法を組み合わせたりして、ヒーリングをするわけです。あくまでも自分自身をヒーリングする技法を習います。

サウンドヒーリングとは、内蔵に特化した気功法で、セルフヒーリングコースで習います。

五行に合わせて、内蔵が振り分けられ、それに合わせた音を出しながら気功を行います。

肝臓、心臓、脾臓(胃を含む)、肺、腎臓、三焦に合わせた音を習って、気功動作も学びます。この音の気功は、3,000年以上前から続けられており、内蔵に特化した気功術となっています。

この振り子みたいなものは、ペンジュラム。

良いもの、悪いものを知るのに便利な道具です。水道水を検査して良くない水質だったら、エネルギーを送って、良い水に変えることは可能です。

セルフヒーリングコースまで取ると、だんだんと自分でエネルギーを出すことが出来るようになって、自分自身を癒やすことも、水をポジティブに変えたりすることも可能です。

こうやって日本人の生徒さんたちは、服用薬の副作用を調べていました。

みんな興味津々でした!


他にも、新しい瞑想法を学び練習してみました。

あっと言う間に2日間が終わり、実り多きコース内容だったかと思います。

自己を癒やすことが出来るようになると、最終的には人を治すコースに参加出来るようになります。

今回このセルフヒーリングのコースに参加した10名のうち8名が次のコースに進むことになっています。皆さん、真面目に気功師めざして頑張っています。




こんな嬉しいラインをもらったのは、実は1ヶ月以上前のことです。仮にAさんとお呼びしましょう。彼女は、私のブログから、気功施術を受けた方でした。

彼女には、ジストニアという難治性の神経の病気と、合併症としてメージュ症候群があり、投薬とボトックスで症状を抑えていました。

でも、完全でないばかりか高価なボトックス。そして、症状が良くならないという負のサイクルにはまり込んでしまった感があったAさんでした。


2回ほど、施術してどちらの病気も、完治することはないという話でしたので、いつも気功施術を受けていたのでは割高です。そんな彼女にウェルネス・メディカル気功基礎コースのワークショップを紹介しました。自分で、気功や呼吸法によって治すのが一番です。

この方法なら、いつでも出来るし、1度覚えたらどこでも自分で出来る健康法だからです。

特に神経系の病気には、気功は抜群の治癒力があると思います。


結果、1月中旬のワークショップに参加して2ヶ月で、ふさぎ込み、外出もままならなかったAさんの症状が軽減して、お化粧も出来るようになって、目も開いていられるようになったそうです。

やはり自分で治すのが一番(完治しない病気の場合は、気功をすることによって、健康に近づく)だと思っていましたが、本当にそうでした。

これでこの春、マレーシアから本帰国したAさんは、日本でも気功を続けることによって、もっともっと症状が軽減して行くのかもしれません。とにかく一番酷いところは、抜けきったわけですから。自分の健康のために気功。毎日の積み重ねが難治性の病気をも治すきっかけになるというわけです。


日本滞在の最後にELM瞑想の創始者、Bob Fickes氏の通訳を務めました。私も、ELMの瞑想をしているひとりです。誰でも、熟練した高僧のように瞑想中に空(くう)の心境に入れるのがELM瞑想なのです。


ここではBobと呼ばせていただきますが、BobはMaharishi Mahesh Yogi(マハリシは多くのセレブリティたちや有名人の瞑想の師でもありました)の愛弟子のひとりでした。TM瞑想の創始者のマハリシは、あのビートルズの瞑想の師でもありました。


(Bobは、確か今年の6月で71歳ぐらいになるかと思います。でも、本当にその年には見えません。瞑想者も氣功訓練者たちも、どちらも若く見えるし、実際に若いです)


そのBobの通訳をある瞑想会の席で同時通訳したのですが、その時に興味深い話を彼がしました。

それは、空(くう)と気(エネルギー)の話です。

Bobは私が気功師でもあることを知っていてなのですが、空はハート(精神面)を司り、気は身体面を司る=エネルギーの循環と、説明をした上で、どちらも切っても切り離せることが出来ない大切なものであると述べていました。


気功では、こう言います。


氣功の氣は、「气」と、「米」に別れます。「气」は【空気】を表し、「米」は【食糧】を表します。つまり、エネルギーとは、空気と食糧から成り立つというわけです。

空気を吸うために、呼吸法があって、良い食べ物を食べることによって、エネルギーの燃料が生まれる。ちなみに空気は60%、食糧は40%の割合でパーフェクトにバランスが取れるようです。

そして、功は、【働き】と【力】を表します。


エネルギー、気とは、Life Force生命力そのものでしょう。

死んだものの中には、何もエネルギーがありませんから。呼吸をしているものには、エネルギーが宿っているというわけです。

エネルギーだけでは人間は行きていけません。ハートが伴わないと、愛がありません。愛がなければ、無機質なロボットです。つまり、愛の伴ったハート(精神面)と、気(ライフフォース)は切っても切れない仲ということですね。


Bobの唱えるELM瞑想は愛とハートを大切にする瞑想法です。だからこそ、空(くう)に到達することができるのでしょう。私も、日本滞在の最後には、深い深い瞑想を楽しみました。

面白いことに、ウェルネス・メディカル気功でも、上級者になると、動功よりも瞑想を長くしなさいと言われます。つまり、氣功の動き(動功)よりも、意念の力を強くする瞑想をもっとすることが求められます。

氣功と瞑想、お互いに高め合うようです。


皆さん、こんばんは。またまたお久しぶりです。

今日の内容は、11月、1月と2回の日本語訳付きのウェルネス・メディカル気功基礎コースのワークショップがありました。その時の参加者さんたちの変化です。


このままLINEの文面を読んでいただくだけで、分かるかと思います。

もうこれ以上、私が書く必要はないかと思いましたが…ひとつ付け加えさせていただくと…


ここに掲載するのは、ほぼ毎日のように練習していらっしゃる方々の変化だけにしています。というか、やはりきちんと練習しないと、もちろん何の変化もないのが当たり前です。1度だけワークショップに出ました、でも家庭では1度も練習しません、となると、もちろん何の変化もないのが当たり前です。

ちょっと耳の痛い話ですが、運転する方法を知っていても、まずは車にガソリンを入れてから、実際に運転しないと目的地には着けません。

つまりアクションを起こさないと、何も起こらないのです。

もちろん、健康体の人が参加されて、そのままになってしまうのはよくあることかと思います。でも人間は日々老いていくもので、その反対は起こりえません。老いは、身体がサビて来て身体が酸性化して来ることです。それが病気となったり身体のロコモティブシンドローム(最終的に寝たきり)に繋がるのは一目瞭然です。いわゆる『ボケる』ということも、老いのひとつでしょう。

病気や足腰が悪くなってから、何かをすると言うのは避けたいものです。

なぜなら、健康で五体満足であることは当たり前のようであって、そうではないことです。病気や不具合があって、やっとそれは奇跡的だなと思えます。特に35歳過ぎたら、いろいろと衰えが見え始める頃です。

そういう時から、何かを自分の身体や心のためにする。

それはとても大切なことだと思えます。


それに気功は、肌にも目にも良いです。アンチエイジングになるかと思われます。ウェルネス・メディカル気功の気功師たちや練習をする生徒さんたちは、肌もピカピカ、目も生き生きとしています。私も肌をよく褒められます。スッピン怖くないです。シミも目立ったシワ、たるみもありません。年相応よりも少し若くみえるかもしれません。ツヤツヤだね!と言われますが、よく考えてみると、気功を始めてからよく言われるようになりました。

顔にパックやマッサージするわけでもなし、エステなんて近年行ったことがありません。

ミニマムに顔にローションやクリームを塗るだけです。


また話がズレてしまいましたが、上記画像のLINEで近況を教えてくださったNさんの娘さんは以前と比べて、きちんと勉強などをするようになったとのこと。

そういう、家族間や同僚間、友だち間でも変化が見られるのは、よくあることです。


もうひとりのHさんの例を上げますと、

彼女のご主人様は、とても厳しい方だったそうです。ところが気功を習ってやり始めた頃、私と他の方々もHさんのお宅で練習会があって参加しました。

ご主人のH氏が出て来たところを拝見した時に、「本当だ!怖そうな方。厳しさが全面押しだな」と心の中で密かに思いました。こんなふうに思ったのは私だけではなく、実はSさんも同じように思っていたそうです。

ところが、1ヶ月後にまたHさんのお宅での練習会に、私とSさんとOさんが参加したのですが… まさか、ご主人が在宅しているとは思わずに練習後に彼が外出するためにリビングを通った時に気が付きました!

その時に見たH氏の柔和なお顔に心底、驚きを隠せませんでした!たった1ヶ月のあの変化にはビックリ仰天でした。そう思ったのは、Sさんも同じだったようで、その彼女がH氏の変化を口にして初めて、彼女も最初にH氏に会った時に、私と同じ印象を持っていたんだなと知ったのでした。

この変化を嬉しそうにタン大師に報告していたHさん。この間、ウェルネス・メディカル気功のセルフヒーリングのワークショップ(基礎2)が2日間に渡ってありました。その時の報告でした。

つまり、気功をしていると風水が必要じゃないのは、気功でエネルギーが充満しているので良い気に満ちあふれているからです。自分が変わると、周りの人もまた変化して行きます。自分が良くなれば、周りの人もそういうふうに変化していくのです。そういうところも気功の興味深い点かと思っています。




お久しぶりです。Roseです。どうしても、こちらのブログが疎かになってしまうという…

本当に申し訳ありません。

さて、私事ですが、先週まで多忙でした。その理由は、



ウェルネス・メディカル気功基礎コースのテキストを翻訳していたからです。

やっと草稿が出来上がり、今、推敲中です。

そして、これがきちんとファイル形式の本に仕立ててもらい、出来上がりとなります。

これで、日本人の生徒さんたちの、「意味が分からない」を少しでも解消出来るかと思います。


また私の夫も、週末に気功ワークショップを受けて、昨日から自宅で練習を始めました!

彼の一つ素晴らしいと思うことは、1度自分でやると決めたことは、「やる」。

やる気満々で、ちゃんと15ステップの動功の方も、なかなか出来ていて、内心驚きました。

私が自分の気功をしている間にシャワーを済ませ、その後、ひとりでかなり上手に瞑想していました。

私も瞑想歴が4年近くになるので、瞑想に深く入っているかどうかはひと目で分かります。

あまりにも夫が深く瞑想出来ているので、これまた驚き!

そして、最後の呼吸法は夫婦揃ってやりました。

なんとも言えない幸福感。

家庭の中で誰かひとり規則的に瞑想や気功をする場合、だんだんとその家の気が変わり、雰囲気も明るく、エネルギーにも満ち溢れるのです。

自分の気も変わっていくので、家族もだんだんと変わって行きます。

その証拠が、私の夫でもあります。

2年前には、「気功なんて、老人のするものだし、得体が知れない」と言っていて拒絶反応がありました。

ただ、私が基礎コースのワークショップに参加して気功をし始めてから!

鎮痛剤中毒か?と思われるほどの痛み止めを摂取していた私が、その日を境に薬をピタっと止められたので、夫はその点は良いと最初から思ったそうです。

それから1年半経ち、友だちからの質問で、夫が「次の気功ワークショップに参加する」表明をして、ついに気功デビューとなったわけです。

(こんなに夫の気が強くなりました!)


彼がワークショップのクラスメートの前で、語った言葉で思わず涙した私。

「僕は、妻が気功を始めて、偏頭痛もなくなり、鎮痛剤を止められたこと、そして健康になり、輝き出したこと、また他人を施術することによって良くしていく過程を見て、自分でも気功に興味を持ち始め、今回参加しました」

という、言葉を聞いて、思わず嬉し涙…

そして、今朝、私は瞑想をしていて、今度はチェンマイに住む瞑想の大師の言葉を思い出しました!!!

それは、ちょうど今から3年前の3月にチェンマイで長期瞑想中のこと。

その時に瞑想の大師が私に言った言葉がありました。

「これから3年後に、君のご主人は瞑想を始めるよ」

それは、本当か?とほとんど疑心だけでした!笑

私の夫は、瞑想、信仰、精神世界、哲学が嫌いな人間です。

私も、宗教は人を縛ると思うので、好きではありませんが、反対に瞑想や精神世界は自分を鍛えることが出来るので好きです。

それが…

私の友だちの質問、「OOOさんは、いつ気功を始めますか?」という質問から、気功ばかりではなく、呼吸法も瞑想も一緒に始めることになりました。

不思議です!

ウェルネス・メディカル気功は、動功(動き)だけではなく、静功(呼吸法と瞑想)も同じぐらいに尊びます。

特に上級者は、瞑想の方が大切だと、タン大師がおっしゃいます。

さて、そのウェルネス・メディカル気功ですが、今年9月14~16日の三連休に東京にて、基礎コースワークショップを開催します。

日本だけは、特別に1つのコースだけで3日間(通常2日間)かけて、プラス、気功施術1回付になります。

今回だけは、初の日本ワークショップなので、お値段もリーズナブルにさせて頂く予定です。

詳しくは、4月中旬に発表します。

タン大師は今年72歳!

ツヤツヤさと肌のハリが、20歳以上、年下の私と変わりません。

左が奥様のコニー師です。

彼女は、偉大な気功師で、特に背骨、脊椎、脚などが専門ですが、西洋医学から見放された赤ちゃんの命をも救ったこともありました。彼女も東京コースには参加します!

ご夫婦揃って、すごく若いし、バイタリティーが違います。

私が通訳を努めます。

他、気功師が人数に合わせて、マレーシアから。

では、皆さん、ぜひ9月に東京でお会いできることを楽しみにしています。